らいちのヒミツ基地

公然のひみつ基地です

このくらいの伸びる棒【製品レビュー】

広 告

Introduction

こんにちは。阿豆らいち(@AzuLitchi)です。

今回はこのくらいの長さの棒をレビューします。

とうじょうじんぶつ

f:id:AzuLitchi:20170724182014p:plain

阿豆らいち:
フリーランスのデザイナー。血糖値が低い。


 

f:id:AzuLitchi:20170724182029p:plain

ミンスクさん:
らいちの妻。


 

このくらいの伸びる棒【製品レビュー】

f:id:AzuLitchi:20170928011555p:plain

f:id:AzuLitchi:20170928011558p:plain

f:id:AzuLitchi:20170928011602p:plain

f:id:AzuLitchi:20170928011605p:plain

自撮り棒あったらとりあえず撮りますよね?

 

 

以前、iPhoneのタイムラプスで手元を撮影するためにこのくらいのにょろっとしたものを買ったのですが

実際にはこんな姿勢で

f:id:AzuLitchi:20170928011637p:plain

床に座って絵を描くことも多く、クリップ式のアームホルダーを固定する物が見当たりませんでした。

そこで、こちらの三脚機能付きの自撮り棒を買いました。 

ArtMK 自撮り棒 Bluetooth無線 シャッターボタン・三脚付きセルカ棒

買ったのは黒いほうです。

品切れ中なら同等の製品で良さそげなやつを。

 

ArtMK 自撮り棒 Bluetooth無線 シャッターボタン・三脚付きセルカ棒 レビュー

パッケージ

f:id:AzuLitchi:20170928002534j:plain

チープでいい。箱を紙ゴミで捨てるのが楽。

 

内容物はこれだけ。

f:id:AzuLitchi:20170928002621j:plain

説明書などない。箱の写真から使い方をなんとなく想像するのだ。

 

f:id:AzuLitchi:20170928002819j:plain

ストラップは多分こうして使うのだろう。

うっかり手が滑ってもiPhoneは落とさずに済むかもしれない。

 

オマケ程度にBluetoothのリモコンシャッターが付属。

どうやらiPhoneだと音量の+ボタンにアサイン固定されているようだ。

カメラアプリ以外で使うと音量アガるぞ!

 

f:id:AzuLitchi:20170928002944j:plain

リモコンは電源をオンにしてシャッターボタン長押ししたらペアリングできた。

AB Shutter3 がそれだ。

 

Bluetooth製品多いな。他はどれがなんだったか・・・。

 

f:id:AzuLitchi:20170928003136j:plain

この自撮り棒は片側が三脚になっている。

三脚部分を開いたら、このストッパーを回すと足を固定できる。

ストッパーは固いので力入れて回そう。

 

こういうのも触って覚えるのだ。説明書などない。

 

f:id:AzuLitchi:20170928003313j:plain

こんな感じにiPhoneを固定。

こういう製品全般で言えるのだが、iPhoneを挟むときに音量ボタンを押さないように少しズラすといい。

f:id:AzuLitchi:20170928011927p:plain

音量ボタンを挟み込むとシャッター連写になっちゃうぞ!

 

まとめ

床で絵を描くとき手元だけを撮影するアングルを決めやすくて便利です。

リモコンシャッターのおかげで、ちょっと離れた場所に自撮り棒を設置しても、立ち上がってシャッターボタンを押しに行かずに済みます。

 

インスタやってないので自撮りに使うことはあまりなさそう。

※マンガはフィクションです。 

 

おまけ

昼休みに描いた落書き。

f:id:AzuLitchi:20170928012848p:plain

今回地味なので、サムネ画像として頑張ってもらいます。

 

それではまた…さよならいち!・∀・)ノ